東京別視点ガイド

珍スポットやらヘンチクリンなイベントやらをぶりぶり紹介するサイトです  

別視点ガイドとは?珍スポ一覧珍スポランキングお仕事依頼

20 4月
【厳選】デートするならココに行けっ!都内のプラネタリウムランキング

都内の主要プラネタリウムのランキングです。
プラネタリムと1口に言っても、そのクオリティーは千差万別。
お出かけの際に失敗しないためにも、ご利用ください。
(各項目5点満点)


【一位】『郷土と天文の博物館』  京成電鉄「お花茶屋駅」より徒歩6分
IMG_0855
設備:5点 
番組&解説:4点 
コストパフォーマンス:5点
個人的オススメ度:5点
総合/4.7点

都内プラネタリウムの大横綱ですね。
できあいの番組を流さず、オリジナル番組を独自に制作してます。
その内容も素晴らしくってねー。
宇宙空間から星を眺めたり、実写映像と星空をリンクさせたり。
プラネタリムの性能を、もっとも使いこなしてるプラネタリウムですね。
しかも、すべて生解説。
公営施設にありがちな「台本読まされてる感」はまるでありません。
天文愛に満ち満ちていて、とても勉強になり、かつ面白い。
王道プラネタリウムを楽しみたいなら、ココで決まり!

(当サイトレポ)都内最強のプラネタリウム「郷土と天文の博物館」




【一位】『プラネターリアム銀河座』 京成電鉄「立石駅」より徒歩5分
IMG_2344
設備:5点 
番組&解説:5点 
コスパ:4点
個人的オススメ度:5点
総合/4.7点


日本で唯一、お寺の中にあるプラネタリウム。
「郷土と天文の博物館」と同率の1位です。
こちらは、珍スポット的な素晴らしさですね。
住職と解説員の2人による、かけ合いが個性的。
おぎやはぎのコントみたいな、ユルくて、妙な世界観です。
設備に関しても、お寺の中にあるんで、むちゃくちゃ落ち着きます。
すっげー、良い。
ただし、開催されるのは第1土曜日、第3土曜日だけですのでご注意を。

(当サイトレポ)日本でここだけ。お寺の中のプラネタリウム「プラネターリアム銀河座」





【三位】『コスモプラネタリウム渋谷』  JR「渋谷駅」より徒歩6分
設備:5点 
番組&解説:3点 
コスパ:4点
個人的オススメ度:3点
総合/3.8点

2010年新設のため、設備は完璧。
自分がみた番組(「はやぶさ -BACK TO THE EARTH-」)は、クセの強いものだった。
けど、高機能なプラネタ設備じゃないと表現できないギミックが満載で、楽しいです。
たとえば、宇宙空間を移動するシーンとかね。ど迫力。
デート利用するなら、ここが一番無難。
ただ、休日はかなり混むので、昼間のうちに席の予約をしておかないと入場できないかも。




【四位】『スターリーカフェ』  京急線「羽田空港国際線ターミナル駅」から徒歩2分
033-













設備:4点
番組&解説:4点
コスパ:3点
個人的オススメ度:4点
総合/3.75点


羽田空港ターミナルビル内にあるカフェ。
カフェの天井がドーム状になってて、プラネタリウムを上映してるという、かなり変わった施設なんだな。
入場料500円とワンドリンク代を支払えば、鑑賞できるぞ。薄暗い店内はデートにぴったり。
星空以外にも、10分ぐらいのショートアニメが上映されたり、おだやかな音楽とそれに見合ったPVが流れたりと、ぜんぜん退屈しない。
個人的にはすごい好きなんだけど、立地場所がなー、羽田空港なんだもんなー。
都内の繁華街だったら、かなり通ってると思う。 


【五位】『ドームシアターガイア』  ゆりかもめ「船の科学館駅」より徒歩5分 
設備:5点
番組&解説:3点
コスパ:3点
個人的オススメ度:3点
総合/3.5点


日本科学未来館のなかにあるプラネタリウム。
平日午前に行ったんだけど、満席。かなり人気です。
なんといっても特徴的なのは、3Dでの上映ということ。3Dメガネをつけて、観覧します。
ただ、ほとんど3D効果は生かせてませんねえ。
なにせ、もっとも立体的な動きだったのが、リンゴが粒子になって、弾けとぶシーンですから。
おだやかなナレーションと、メガネで閉じられた視界のダブルパンチで、むちゃくちゃ眠くなります。
番組内容は、宇宙や地球のなりたちを解説したもの。星座ものよりは、個人的に好き。
科学未来館のオマケとして楽しむ分には申し分ないね。




【六位】『多摩六都科学館』 西武新宿線「花小金井駅」から徒歩18分
設備:4点 
番組&解説:3点 
コストパフォーマンス:2点
個人的オススメ度:2点
総合/2.75点


「もっとも先進的なプラネタリウム」として、世界一としてギネスに認定されている。
23mを超える大型ドームに、1億4000万個の恒星を照らしだしている。
ドームのデカさは都内でも屈指。入って「おーっ、包み込まれるようじゃ」と感心した。
ウリの1億を超える恒星については、よっぽどプラネタリウムが好き、天文が好きって人じゃあない限り、差はそんなに分からないね。綺麗だけど。たくさん星を映せても、結局、基本プログラムは星座の紹介ってのが惜しいなあ。




【七位】『満天』  JR「池袋駅」より徒歩6分(池袋サンシャイン内)
設備:3点 
番組&解説:3点 
コストパフォーマンス:2点
個人的オススメ度:2点
総合/2.5点


設備はまあまあ。汚くはない。
解説は録音で、テレビ的なエンターテイメントよりの番組構成。
まあ、ツッコミどころが多く、珍スポット好きなら50分見るのも辛くない内容かなと。
ただ、大人がデートで使うには向いてないです。
とにかく薄っぺらい番組内容で、安いムードなんで。微妙。
中学生のカップルが使うには良いんじゃないでしょうか。
公立じゃないので、値段は他のに比べやや高め。




【八位】『ユートリアスターガーデン』  東武伊勢崎線「曳舟駅」より徒歩5分
設備:3点 
番組&解説:2点 
コストパフォーマンス:3点
個人的オススメ度:2点
総合/2.5点


設備は内装・外装ともに、とてもキレイ。
劇場型で傾斜のある客席に、ゆったり座れる。
心地よいトーンの生解説だが、台本どおり読んでますって感じ。
雑談、私情をいっさい挟まないので、淡々としてて、いたってマジメ。
番組は、季節ごとの星座の紹介のみで50分。
画面に変化もなく、知的好奇心も刺激されずで、正直けっこー退屈。
うーん、ここ行くなら、コスモプラネタリウム渋谷で良いと思います。




【九位】『五反田文化センタープラネタリウム』 JR「五反田駅」より徒歩13分
設備:3点
番組&解説:2点
コストパフォーマンス:2点
個人的オススメ度:2点
総合/2.2点

2010年に改装されたので、設備はものすごくキレイ。
搭載している投影機も最新の高性能なもの。
だけど、番組構成がその機能をぜんぜん生かしてません。
ほとんど、静止画の星空を映してるだけ。なので、設備は3点としました。
コチラも、解説はすべて生。
ゴロンと知識を羅列するだけで「なぜ?」に踏み込まないんで、知的興奮は特にありません。




【十位】『タイムドーム明石』  日比谷線「築地駅」より徒歩7分
設備:2点 
番組&解説:1点 
コストパフォーマンス:2点
個人的オススメ度:1点
総合/1.5点

ボヤけた画面で、スクリーンも頭上だけ。
番組構成も、プラネタリウムならではギミックを使ってません。
解説も録音されたもの。教科書的で、ひじょうに退屈。
わざわざ築地まで行く必要はないと思います。
近所なら。







20 4月
都内最強のプラネタリウム「郷土と天文の博物館」【お花茶屋】

『郷土と天文の博物館』 オススメ度:★★★★☆



お花茶屋にあるプラネタリウム。
正統派ならココ、珍スポ的な面白さならプラネターリアム銀河座
都内プラネタリムの2巨頭の1つだ。
・できあいの番組を流さず、オリジナル番組を制作してる
・録音された解説でなく、専門スタッフによる生解説をしてる
って2点において、熱の入りようが他のプラネタリムを突きはなしている。
では、詳細をご案内しましょう。
 続きを読む

19 4月
鉄の処女もギロチンもあるよ「拷問博物館」【御茶ノ水】

『拷問博物館』 オススメ度:★★★☆☆



明治大学内にある歴史博物館の1コーナー。
それほど広くないけれど、30個以上の拷問具が置いてあるから見ごたえは充分。
しっかし、よくそんな発想に辿りついたな、という拷問が世の中には山ほどありますよね。
「軍隊アリに腹を食いちぎらせる」だとか「喉かっ切ってソコから舌をひっぱり出す」だとか。
そういうの調べるのにハマっていた時があるんだけど、夜中、ガバっと5~6回起きるようになっちゃったのでやめました。
脳が拷問に支配されてましたね、あの時期。
では、詳細をご案内しましょう。
 続きを読む

18 4月
ダチョウにふれあった直後にダチョウを食う「ダチョウ王国」【茨城県石岡市】

『ダチョウ王国』 オススメ度:★★☆☆☆



東京からちょっと遠出シリーズ。
今回は、茨城県にあるダチョウ王国。
ダチョウの牧場ですね。
ダチョウと触れ合えるばかりか、その場でダチョウ肉も食べれるという。
現実直視型スポット。
夢の国ディズニーランドとは、真逆の方向性の王国です。
では、詳細をご案内しましょう。
 続きを読む

17 4月
世界中のボードゲームを300種類以上売ってる「すごろくや」【高円寺】

『すごろくや』 オススメ度:★★☆☆☆



高円寺にあるボードゲーム専門店。
どうせ「人生ゲーム」だとか「モノポリー」とかでしょ、って?
いやいや、なかなかどうして。
この店には、世界各地の名作カードゲーム・ボードゲームが300種以上も置いてあるんです。
伊集院光さんやライムスターの宇多丸さんなどなど、コアな芸能人にも常連さんが多いんですよ。
では、詳細をご案内しましょう。
 続きを読む

16 4月
都心からたった徒歩4分で驚きの自然度「自然教育園」【白金台】

『自然教育園』 オススメ度:★★☆☆☆



この、自然豊かな光景。
どこだかお分かりでしょうか?
なんと、ここ、白金台から徒歩4分の場所なんです。
あの、シロガネーゼでおなじみ、白金台ですよ。
セレブ、スイート、オートロックマンションでおなじみ、白金台ですよ。
そんな大都会に自然教育園はあります。
詳細をご案内しましょう。
 続きを読む

14 4月
世界一デカい大仏「牛久大仏」【茨城県牛久市】

『牛久大仏』 オススメ度:★★★★☆



東京からちょっと遠出シリーズ。
今回は茨城県牛久市の「牛久大仏」です。

ごぞんじ、世界最大の大仏。全長120m。
奈良の大仏が手のひらに乗っちゃうサイズ。
もうね、とにかく1言。
デカい。
デカいんです。
この1言に尽きる。
ほんとなら、これ以上、説明不要なスポットです。
ファーストインプレッションも「うわ、デケえ!」だし、帰る時の感想も「あー、デカかった」ですもん。
ここばっかりは、ただただ、行って、見て、デカさを体感するっきゃない。
とはいえ、詳細をご案内いたします。
 

続きを読む

13 4月
ガチの下水道に入れる「ふれあい下水道館」【鷹の台】

『ふれあい下水道館』 オススメ度:★★★☆☆



鷹の台駅にある下水道の博物館。
なんとココ、ガチの下水道管に入れるんです。
現役バリバリ、稼動中のやつに。
どんだけ臭いのか1度は体験したいですから。そりゃ、行きますわ。
臭いものって、すごく嫌なんだけど、なぜか嗅ぎたくなるんですよね。
少女マンガのヒロインが、好きだけど嫌いなアイツに惹かれるのも同じ心理でしょう。
では、詳細をご案内しましょう。
 続きを読む

10 4月
マネキンのテイストが大きく異なる「宗谷と羊蹄丸」【船の科学館前】

『宗谷』『羊蹄丸』 オススメ度:★★★☆☆



お台場の「船の科学館」には、見学可能な船が2つあります。
南極巡視船「宗谷」と、青函連絡船「羊蹄丸」
この船たち、内部に大量のマネキンが設置されてるんです。
平方メートルあたりのマネキン数なら、三越にも負けてません。
で、それが、ことごとく珍妙でして。見ごたえあるんです。
詳しくご紹介していきましょう。
 続きを読む

8 4月
都内で唯一バンジージャンプが出来る「よみうりランド」【京王よみうりランド】

『よみうりランド』 オススメ度:★★★☆



都内で唯一、バンジージャンプが出来るんです、ココ。
その1点がゆえに、オススメ度は★2つと高めです。
一度飛ぶとクセになるんですよ、バンジーって。
僕は、かれこれ4回、飛びに行ってます。
詳細をご説明しましょう。
 

続きを読む

8 4月
ねずみ小僧の墓を削ろう「回向院」【両国】

『回向院』 オススメ度:★★☆☆☆



パワースポットとしておなじみ、回向院。
オープンで清潔な雰囲気の寺院です。
僕は回向院のある両国駅に住んでいるんですけど、ここ最近、参拝者が増えてます。
年配の方だけでなく、若いカップルが多いのも特徴です。
 

続きを読む

7 4月
ありとあらゆるパクチー料理が食べれる「パクチーハウス」【経堂】

『パクチーハウス』 お勧め度:★★☆☆☆

965957936_114

ありとあらゆるパクチー料理が食べれる店。
もともとオーナーは「パクチー狂会」なる団体を作り、各地のパクチー料理を食べまくってたそうです。
「paxi」っていうパクチー好き専用のSNSまで作ってますから。
その入れ込み具合は、尋常じゃないです。
こういう好きが高じて作ったお店って、良い空気感をまとってるんですよねー。
では、詳細をご案内しましょう。
 続きを読む

6 4月
住宅街にひっそり潜む「つり掘曳船園」【お花茶屋】

『曳船つり掘』 お勧め度:★☆☆☆☆



コーヒーラーメンの「亜呂摩」に行った帰り、お花茶屋をフラフラさまよってたら見つかった釣堀。
一般住宅が並ぶ通りにいきなり現れるので、かなりの違和感。
「え?こんなとこに釣掘?」って感じです。
 続きを読む
東京別視点ガイドの初書籍!


別視点ガイド、初の書籍化!
2015年2月28日発売
ブログ内の記事検索
オススメ別の珍スポ
★★★★★(21)
殿堂入り!人生観変わる
★★★★(63)
最高!すっげえ面白い

--------【越えられない壁】--------

★★★(160)
うん、面白い
★★(83)
興味あれば行ってみるのも
★(26)
3つ星以上と一緒に巡るなら
駅別の全珍スポ一覧

名称未設定-4

管理人オススメの珍スポサイト
管理人のプロフィール
珍スポガイド「松澤茂信」
070526_1043_01
週末はもっぱら珍スポ巡りと大喜利に明け暮れております。病的に珍スポが好き。珍スポを経営してる珍オーナーも好き、大好き。

【プロフィール】
生年月日:1982年7月
職業:東京別視点ガイド編集長、ライター
好きなこと:珍スポ巡り、大喜利、怖い話し
主催イベント:大喜利天下一武道会、珍スポバスツアー




お問い合わせ先
mimitabu_ookii@yahoo.co.jp


badge

sb_bnr_a