・P5125752

東京都に属する離島「青ヶ島」は、アクセス難易度S級の島だ。
島への直行便は無い。八丈島を経由して、ヘリか船でアクセスするんだけど、ヘリは1日1便で9席のみ。島民の足として使われているので、予約を取るのが一苦労。船は船で就航率が50%ほど。
一度上陸したら、いつ帰れるか定かじゃない島に、行ってまいりました!




PC220260
▲青ヶ島の真ん中にある2重カルデラ。世界的にも珍しい。


東京の離島「青ヶ島」はアクセス難易度S級の島だ。


東京から358km南に位置する絶海の孤島。
島への直行便はなく、八丈島経由でヘリか船でアクセスする。

ヘリは1日1便で9席のみ。島民の足としてヘビーユーズされてるので予約を取るのが一苦労。
タイミングによっては2~3週間後じゃなきゃ空きがなかったりする。

船は船でなかなか厳しい。週4~5便の運航予定だが就航率は50%ほど。海が荒れる冬場はさらに低い。
青ヶ島は断崖絶壁に囲まれていて、港の桟橋は短く、防波堤もない。そのため、少しの高波でも着岸不可能になるのだ。




・P5146732


いつ行けていつ帰れるか、まるで読めない。
堅気にゃリスクのデカい島。スケジュールの融通が効く人間でなけりゃあ上陸するのが難しい。
ただし、ひとたび辿りつけば、世界的にも珍しい2重カルデラを間近で鑑賞可能だ。




P5146802


青ヶ島村の人口は約160人。
避難地域に指定されていた福島の一部をのぞけば、日本で一番人口の少ない市町村だ。

しかも人口の半分が学校の先生や役所の職員で、任期を終えると島外へ帰っていく。昔からの島民は100人ほどだそうだ。
上の写真は島の人が「住宅街」と呼んでたエリア。先生たちが住むアパート2軒と民家数軒があった。




PC220478


雑貨屋1軒、居酒屋2軒、民宿5軒であとはなにも店がない。




PC231190


生徒は少ないけれど小学校はある。




・P5136702

夜はこの通り、真っ暗闇。




DRvVMe8VQAAZD8h


だけど空を見上げれば360° 星の海。
「星の箱舟」を名乗っている。


この記事では青ヶ島の見どころ、おもしろポイントを

・「アクセス難易度S級の島」への行き方
・「2重カルデラ」を堪能する
・「観光」する
・「お土産」を買う

・「青ヶ島あるある」

という5つの観点からご紹介しよう。



青ヶ島データ (平成22年4月時点)

人口:165人
面積:5.98㎢
周囲:9.4km
関連サイト:青ヶ島村役場サイト



アクセス難易度S級!青ヶ島への行き方


●青ヶ島は到達難易度がめちゃくちゃ高い!



青ヶ島の行き方は2つ。
八丈島経由で船に乗るか、八丈島経由でヘリに乗るかだ。船なら3時間、へりなら20分で到着する。

それだけ聞くと簡単に辿りつけそうだ。
だけど「行ってみたい!でも、会社勤めしてるから帰れなくなるのが怖くて……」という意見をよく聞く。いつ行けていつ帰れるかスケジュールの読めなさが到達難易度をグンと上げている。

八丈島の島民に「青ヶ島行くんですよ~」と言うと「え!予定、大丈夫?私も50年ここに住んでるけど1度しか行ってないわよ」みたいな反応がけっこう返ってくる。



・P5136605


なぜ、そんなにスケジュールが読めないのか?

それは定期便あおがしま丸の就航率が極端に低いからだ。
断崖絶壁に囲まれた島なので、港に防波堤もなく、桟橋も短い。すこしでも海が荒れれば寄港できない。
特に冬場と台風シーズンは1週間船が来ないこともザラだとか。




・P5136617


漁船を港に留めておけないのでケーブルで引っ張りあげて、陸に保管しておく。船が空を飛ぶわけだ。




PC230909


海風も強いのでガードレールがめっちゃくちゃ錆びてた。




P5126133


就航状況は島民の重大な関心ごとなので、テレビには「現在のヘリポートと港の様子」を中継する専用チャンネルがある。今日の船やヘリは来るのか来ないのか、このチャンネルを見れば一目瞭然。

観光ガイドをする前に、島に辿りつけなきゃ意味がない。
ヘリと船それぞれで上陸する方法をご案内しよう。





●ヘリコプターで行く


P5125584


まずはヘリでのアクセス方法だ。

東京からの直行便はないので、ひとまず八丈島に行く。
八丈島へは羽田空港から飛行機が1日3便も出てるし、安くあげたいなら船もある。とってもアクセスしやすい。




BlogPaint


八丈島に着いたら、空港の隅っこにある「東京愛らんどシャトル」の受付カウンターへ行こう。




BlogPaint


ここが青ヶ島行きのヘリの受付カウンター。小さいから見逃すな!

「絶対、青ヶ島行きたい!」という人は、行きも帰りもヘリを予約しといたほうがいい。
片道11,530円するので船よりだいぶ割高だけど、正直ケチってる場合じゃない。
船が欠航した日でも、ヘリなら飛べる時も多いから。
もちろん強風や濃霧で飛べないこともあるけど、逆に船なら出航できるケースもある。
とにかく青ヶ島に行くなら選択肢を多く持ってたほうがいい。

ただし、ヘリは1日1便でわずか9席。
すぐに席が埋まっちゃうから予約がはじめる1ヶ月前から確保しておこう。




P5125610


2015年に上陸したさい、行きはヘリを利用した。
滑走路に小さなヘリコプターが待ち構えている。ドドドドドっとプロペラが回ったら、あっさり浮かぶ。飛行機より体がふわっと浮く感覚もなく意外と快適なのよ。




P5125637


ほんの20分で青ヶ島のヘリポートに到着する。
青ヶ島でたった1人の警察官がわざわざ待っていて、誘導してくれる。




PC231099


農機具をしまう小屋みたいだけどさ、ここがヘリの受付オフィス兼待合室なの。素朴だよね。




P5125649


我々を降ろしたヘリに、入れ替わりで八丈島行きの客が乗る。島民たちが手を振り送りだす。「おーーっ、離島っぺえ!!」と感動した。


ちなみに帰りのヘリコプターの予約が取れなかった場合、当日ヘリポートに行ってキャンセル待ちするという方法もある。
ヘリを往復で予約した人が、そもそも青ヶ島に辿り着けずに復路をキャンセルすることも。けっこう当日キャンセルが出るのだ。どうしてもヘリで帰りたいなら、いちかばちかとりあえずヘリポートに行くのが鉄則だ。





●船で行く

PC220061


「スケジュールに余裕がかなりある」「青ヶ島、行ければラッキー」ぐらいの人は船で行くのもいいだろう。運賃は時期によって少々上下するが片道2600円ぐらい。




PC220033


2017年12月に上陸したさいは、冬場の波が荒い時期にもかかわらず奇跡的に行きも帰りもあおがしま丸はスムーズに運航した。



でも、12月22日に行って24日に帰ったんだけど、そのあと25~28日の便はオール欠航。
もし欲張って滞在1日粘ったら、年末ずーっと島に閉じこめられてた!

あ、あぶねえ!!




あおがしま丸は小型船なのでかなり揺れる。




PC220048


大人しく横になってるのが吉だ。
へんに本読んだりスマホいじってると船酔いするからね。




PC240317


3時間ほどで島影が見えてくる。




PC220113


PC240124


ガチガチに固められ要塞と化した港の崖。CGのワイヤーフレームかよ~~。



saito

カメラマン斎藤
「上陸でテンションめちゃくちゃあがる!来れたことの興奮度は伊豆諸島でピカイチだ!」



matsuzawa-icon

「無事に辿りつけるとホッとするよね」




P5157057


あおがしま丸は貨物船を兼ねてるのでコンテナも積んでいる。




P5157058


建築資材を運んでるときはコンテナ数も多く、すべて船から取りだすのに1時間以上かかることも。
コンテナはクレーンで一か所に集められ、待ち構えてた住民たちがそれぞれの積荷を受け取って走り去る。

2015年、青ヶ島から帰るときはコンテナ処理にかなり時間がかかった。その日、八丈島発の帰りの飛行機を取っていたので、時間がギリギリでかなり焦ったなあ~。
船の受付スタッフも「すごく潮に乗れないかぎり、飛行機の時間に間に合わないと思うので、そのつもりでお願いします!」と釘を刺された。
船が就航してなお、安心できない。アクセス難易度S級の島の底力を感じたね。




P5157131


八丈島が目視できたころには飛行機のフライト時間まで残り20分。
「もしかしたら間に合うかもしれない!」一縷の望みにかけ、八丈島のタクシー会社に電話。港で待ち構えてもらった。




P5157145


接岸するや、乗組員が「空港行く方いますよね!?どなたですか!!」と叫ぶ。俺だ。「はい!ここにいます!」と手をあげる。「時間がありません!合図を出すので、向こう岸にジャンプしてください!」と驚きの提案。タラップをかけてる時間も勿体ない、という配慮に感激だ。

波の動きが岸の高さとぴったり合ったタイミングで「今です!」と合図を出してくれる。
向こう岸でスタッフ2人が手を引いてくれ「急いで!」とタクシーを指さす。感謝の言葉もほどほどに走りだす。タクシーに駆けこむや何もいわず空港へ向かいだす。

一連の流れが映画みたいで笑ってしまった。船の乗組員、港のスタッフ、タクシードライバーの脅威の連携により、フライト5分前で滑りこみセーフだった。
スゴいぜ、青ヶ島。




2重カルデラを堪能せよ


PC220260
▲島全体が1つの大きなカルデラ。その中にもう1つカルデラ山がある。


なんでそこまでして青ヶ島に行くのか。
理由の1つがこちら、世界的にも珍しい2重カルデラである。

島全体が大きな1つのカルデラで、そのなかにもう1つカルデラ山(丸山)があるってわけだ。度重なる噴火で2重の凹みが形成されてる。
島でもっとも標高の高い丘・大凸部(おおとんぶ)から青ヶ島が一望できる。




・P5157000


梅雨時は島中が霧で覆われることも。濃霧のさいは1m先すら見えないので、車を走らせるときは最徐行だという。
実際、滞在中に内側の丸山がすっぽり霧で包まれる日があった。 
まれな現象だが、立ちこめた霧がカルデラ中心部から外側の山の隙間を抜け、海へスーッと流れ出ていくこともあるとか。




PC231294


丸山がもこもことゼリーみたいな形をしてるのは植林の跡。
背の高いほうがもともとの植生で、低いほうは椿を植えてある。

おなじ伊豆諸島の大島や利島が「椿油」をやってるのを見習って、1970年代に植えたそうだ。
すべて丸刈りにして椿に植え替えると、幼木が台風でなぎ倒されてしまうので、元の樹木を防風林がわりにしたらこうなった。
結局、椿油は産業ベースに乗らず、途中で頓挫した。



saito

「このデコボコは撮らなきゃ絶対後悔する!カワイイ!」



matsuzawa-icon

「この光景に意外と人の手が入ってるって感慨深いね」



saito

「デカい!このスゴさは写真で映しきれねえ」




・P5136476

 
2重カルデラのふちは整備されてて、1周20分ほどでぐるっとお鉢めぐりできる。




2重カルデラだけじゃない!青ヶ島の見どころ



●活火山の熱をつかった「地熱釜」と「サウナ」

PC220301


2重カルデラの内側は活火山。その斜面にはいくつも噴気孔(島言葉で「ひんぎゃ」)があって煙を出してるよ。




地熱で暖まってるから地面がポカポカだ。真冬の12月でも岩盤浴気分で寝そべれる。
温かい地面と涼しい風のギャップが最高に気持ちいいぜ!キマる~~~~!!




PC220305


・P5136413


地熱を活用した石造りの地熱釜もあるよ。
熱した蒸気を閉じこめて食材を蒸しあげるシンプルな石釜だ。




aogashima_chinetsugama-30


「地熱釜やりたい!」と伝えれば、たいていの宿でランチ代わりの地熱釜セットを用意してくれる。卵、ジャガイモ、ウインナーにくさや。2人前にしてはかなりの量。




aogashima_chinetsugama-35


釜にいれるだけで調理いらずなので簡単。




aogashima_chinetsugama-33


くさやは匂いが移りそうなので、別の釜にいれる。




aogashima_chinetsugama-36


aogashima_chinetsugama-39


釜の下のパイプをひねると蒸気が出る。レンズが曇るぜ。




aogashima_chinetsugama-42


蓋を閉めて、30分待つ。




aogashima_chinetsugama-52


出来上がり~~~~~!!


魚もじゃが芋も見事に蒸しあがっている。




aogashima_chinetsugama-61


卵の黄身も完熟だね。
地熱で精製した「ひんぎゃの塩」を軽く振って食べる。

素材そのもののうま味!じゃが芋はホクホクだし、最高だぜ~~!




PC220443


地熱で蒸されるのは食材だけじゃない、人間も蒸す!


「青ヶ島ふれあいサウナ」は地熱をつかったサウナだ。地熱釜のすぐ近くにある。利用料300円。




PC220460


室温60~70度と低温だが、湿度が高いからけっこう暖まるよ。




PC220450


水風呂はないので水シャワーで体を冷やす。
脱衣所も浴室も地熱で暑いから逃げ場がないぞ!死ぬほど汗かいた!



matsuzawa-icon

「湿度高くてスチームサウナみたいでいいね。内臓から暖まるわ」



saito

「たいていサウナはヒーターとか石を焼いたりで温めるけど、これ地熱ですもんね。サウナ好きとしてはここじゃなきゃ味わえない自然の熱って感じでたまらんです」





●壮絶な坂道を登って「祟り神の神社」に行こう!

PC220158


この鳥居の先に「東大所神社」がある。
江戸時代に失恋のすえ島民7人を斧で道連れにし、入水自殺した男を祀っている。いわゆる祟り神を祀る神社だね。




PC220291


しかしね、参道がすっげえ坂道なんだわ!!


ほぼ垂直の長い階段が来る人を拒むかのよう。苔むした玉石は滑りやすく、四つん這いにならねば登れない。ほとんどロッククライミング。これ言いすぎじゃないから!さすが祟り神。

「神さまへの通り道を曲げちゃいけない」という考えで、まっすぐ表参道を作ってるからこんな感じのむちゃくちゃな急坂になるそうだ。いや~、スリルあるわ。




PC220192


PC220229


PC220225
▲祟り神を祀る東大所神社


坂を登り切ると、神社と呼ぶには奇妙に赤すぎる建物がポツンと建っていた。
木々が生い茂っていて昼間でも薄暗い。


いや、これ、ブキミだぞ……。




PC220198


祠を覗くとガラスのなかにお供えものがされてる。




PC220215


お供え物がすべて枯れている。
参道の険しさもあって、ほとんど島民が近づかないのだろう。

青ヶ島のサイトには「今では縁結びの神さまとして信仰を集めています」と書かれてたが、さすがにそのこじつけは無理筋じゃないか!?
怖くなってきたので、そそくさと撤退した。




PC230922


PC230933


ヘリポートを抜けた先にも神社がある。金毘羅神社だ。




PC231009


PC231050


海に向かってご神体が祀られていた。




PC231252


もう1つの神社「東台所神社」の鳥居は木、鉄、塩ビと異素材で作られてる。

「鉄も塩ビも錆びにくくて良い物だな~~~!あ、神さまにも良い物捧げよう!!」という価値観の表れ。
物の流通が乏しかった離島ならではの感覚だよね。




PC220166


PC230996


青ヶ島の神社はどこも参道が玉石、御神体は尖った溶岩だ。
玉石は海辺の石、尖った溶岩は山から運んでる。海のものと山のものが、かならずセットだ。

青ヶ島は1785年の噴火で全島民が八丈島に避難していた。そのときの噴火で島民の半分が亡くなったと言われている。50年後に島民たちが返ってくるのわけなんだけど、その過程でまた多くの島民が海に飲み込まれた。
そんな歴史を経て、海と火山を畏れ敬うようになったのだろう。




厳かな雰囲気をうけて、なんかめちゃくちゃテンションがあがってしまった。
神社を抜けた広場でおもわずシャドーボクシングをした。





●島に2軒だけの居酒屋


PC220596


島に食堂はないが居酒屋は2軒ある。「もんじ」と「杉の沢」だ。
にぎやかに飲むなら「もんじ」、しっとり飲むなら「杉の沢」というのが島民の共通認識らしい。




PC220588


もんじには通称もんじガールと呼ばれる女性スタッフがいる。
千葉県出身の店長さんが島外の女性を住みこみの期間バイトで雇っているそうだ。
若い女性が少ない離島なだけに、もんじガールの存在は酔客のテンションを高める。カラオケで大盛りあがりだ。




PC220579


来店したのがちょうど年末最後の営業日だったので、常連さんたちが忘年会をしていた。「これもなにかの縁だから!」といなり寿司をいただいた。このおすそ分け精神、離島っぽさある。




PC220570


もんじの車、スプレーで黒く塗られててスラムの壁みたいだったんだけど、どういう意図なんだろ。





●民宿「青ヶ島屋」はメシが美味い


PC240001


滞在中に泊まったのは民宿の「あおがしま屋」。
店らしい店がほとんどない離島だけど宿は5軒ある。

「そんなに泊まる客いるの?」と疑問を持つだろうけど、それがけっこういるのよ。
観光客というよりも年間通して工事関係者が長期滞在してるから、わりと部屋が埋まってるわけ。今回も道路工事の社員さんが団体で泊まってた。




PC220558


PC220553


あおがしま屋で出てきたご飯の一例。
島寿司もかなり美味かったし、いつもオカズが豪華なの。
ご飯にこだわりがあるようで、美味くてボリュームも満点。
外食できる店がない島だから、宿はメシが美味いところを選ぶのがいいよ。




PC220563


晩酌で青ヶ島産の焼酎が出てくるのも嬉しい。





●青ヶ島の形をした公園


PC231151


青ヶ島小中学校の近くにある公園。すべり台にタイヤブランコと最低限のアスレチックはそろってて、子どもだったら秘密基地感あってワクワクするだろうな。




PC231127


アスレチックの外側を囲むコンクリートがいびつな形してんなあと思ったら、青宝トンネルが掘られていた。これ、青ヶ島の港と集落をつないでるトンネル。そう、このアトラクション、青ヶ島の形をしてるのだ。
「平成流し坂トンネル」というもう1つのトンネルもしっかり開いてるぞ。




PC231130


これは果物トイレ。う~ん、この果物なんだろ。イチゴかな。個人的には伊豆大島の特産品パッションフルーツたれ、と思ってる。





●オオサワワタリ群生地

PC231355


PC231330


オオタニワタリの群生地がある。
島内に生えている杉や椿は植樹だけど、オオタニワタリは自生したもの。
1785年に大噴火もあって、島内はいたるところ溶岩だらけなんだけど関係なく根付いてる。




PC231336


オオタニワタリは主に大きな木の枝の股にくっついて生える。
空中浮遊するような生え方ができるのは、根っこからあまり栄養を吸収してないから。
中心の凹みに落ち葉を貯めて、葉っぱを伝って貯まった雨で腐らせて養分にする。
落ち葉が集まりやすいように、大きな木の股に生えるそうだ。




PC231343


落ち葉をめくるとエイリアンの口みたいな根があった。怖い。
「オオタニワタリが本来の住人で、僕たち人間が青ヶ島に寄生してるんですよ」なんて言う島民もいたけど、なんか分かるな。



saito

「ぎゃ~~~~っ!!」



matsuzawa-icon

「え!?どしたの?」



saito

「想像以上に生きものの口だったのでギョッとした!これは見ちゃいけないものですよ!ごめんなさい」




「お土産」を買う


●島外にほとんど出回らない幻の焼酎「青酎」

・P5126160


島民160人ほどなのに杜氏が10人もいる!

その昔、船の行き来も不便だったころ、お酒が飲みたくても手に入らなかった。
そこで各家庭で焼酎を自家製造するようになった。おもに女性の担当仕事だったらしい。だから、やたらと酒作りの技術を持ってる島民がいて杜氏も多いってわけ。
まあ、ひらたくいえば密造酒なんだけど、場所が場所だし見逃されてたそうだ。



PC231452


PC231455


青ヶ島ではお米が育たないので作っていたのは芋焼酎。
歴史をたどると、八丈島に流された鹿児島出身の流罪人が芋焼酎の作り方を伝え、それが伊豆諸島全域に広がったそうだ。
とはいえ、食料供給が不安定だった青ヶ島でサツイマイモは貴重な栄養源。保存食にならないようなちっこい芋で作ってたとか。

麹は蒸した麦にオオタニワタリの葉っぱを乗せて培養する。
オオタニワタリは表面がツルツルしてるから、結露してもまた内部に戻って保湿にいいそうだ。野生の菌もついてるから、味に微妙な変化が出るとか。




PC231634
▲青ヶ島酒造で飲み比べした


もちろん現在はしっかり許可を得て製造してるよ。
青ヶ島酒造は予約をすれば飲み比べもさせてくれる。

10人の杜氏はほとんどが兼業。
お話しをうかがった奥山さんも朝晩は牧場で牛を育てて、昼間は現場監督をしているとか。人手が少ない青ヶ島では3つ4つの兼業をするのが当たり前なのだ。




PC231594
▲十人の杜氏


青ヶ島で製造された焼酎を「青酎」と言う。
青酎は同じ銘柄だが作り手ごとに製法が違う。
年度別に樽を分ける杜氏もいれば、1つの樽にどんどん継ぎ足してく杜氏もいる。
人によっても、年によっても、味が変わる。




PC231655


だから、ラベルに杜氏の名前も印字されている。好みの杜氏を指名できるようにね。
ラベル下に「杜氏 広江マツ」って書いてあるでしょ。杜氏ごとにラベルデザインを変えるとコストが高くついちゃうから、統一デザインに名前だけプリントしてるんだって。




PC231614


銘柄によって原材料の産地が違う。

・「青酎麦」は麹も麦も内地から仕入れるので、ある程度の大量生産が可能。島外に出回ってるのはほとんどこれ。

・「あおちゅう」は麹は青ヶ島で培養したもの。麦は内地から、芋はほぼ島内産。生産量の多い杜氏で年間4百本ぐらいなので、限られたところでしか手に入らない。

・「青酎伝承」は縛りがもっとも厳しくて、芋も麦も麹もすべて青ヶ島産。だから、年間数百本しか作れないスーパー希少酒!ほとんど出回らない。

めちゃくちゃ希少な酒だから青ヶ島土産にぴったり!
竹芝桟橋のお土産物屋さんにもある程度揃ってるよ。





青ヶ島あるある


●メシ屋がないから宿は「1泊3食付き」が基本!


PC220485
▲島で数台しかない貴重な自動販売機


青ヶ島には商店1軒、居酒屋2軒、自動販売機数台しかない。
だから、お昼ごはんを買えないので宿は基本的に「1泊3食付き」だ。





●信号機は島に1つだけ!子どもの教育のために作られてる

PC220141


青ヶ島に信号機は1つだけ。
交通量も限られてるので本来なくても構わない信号機だが、島の子どもたちが「信号機を知らずに育つのを防ぐため」に作られてるんだって。





●レンタカー屋さんが「行けない道」を教えてくれる

PC220142


PC220148


細すぎたり、崩れていたりで車両進入禁止の道がけっこうある。




PC220111


観光客がうっかり入りこまないように、レンタカー屋さんが地図を片手にみっちりレクチャーしてくれる。
ちなみに島内はすべての道が30km制限だよ。見通しも悪いし、道が入りくんでるから飛ばすと危ないからね。





●青ヶ島の猫、心許してくれない

・P5136537


青ヶ島、けっこう猫が多い。




・P5136536


でも、警戒されてぜんぜん近づけない。





PC230842


遠くから鋭い目つきで様子をうかがわれた。

あ~ん、猫ちゃん触らせてくれ~~~。






●海風の塩で、車がめちゃくちゃ錆びる

PC230824
▲強い海風で砂利や石が飛んでくる。ちいさな傷はタッチペンで修復するよ。


青ヶ島の車はやたら水玉模様。草間彌生作品かよ!

小さな島なのでどこに車を停めても、海から数百mの距離。
つねに海風にさらされてる状態だから塩害でめちゃくちゃサビるそうだ。
しかも強い風で砂や石を巻きあげて、車にあたって小傷ができる。ほおっておくとそこからサビるのでタッチペンですぐに修復する。




PC231165


PC231167


サビ果てた結果、つけまで盛った女子高生になってた。




まとめ


以上!
堅気にはなかなか行くのが難しい離島。
だからこそ行くだけで冒険感が充たされるぞ!

・タクシーもバスもないから、ぐるっと巡るならレンタカー借りるといいよ
・でも、小さい島だから徒歩で巡ることも出来る
・2泊すれば主な見どころはおさえられる
・でも、2泊できっちり帰れるとは限らない
・ヘリは予約しといたほうがいい。じゃないと、滞在中ドキドキして気が散る

ポイントはそんなとこかな!グッドラック!



「東京の離島1ヶ月渡り歩きます会社」とは


6707cafa-s

この離島まとめ記事は「東京の離島1ヶ月渡り歩きます会社」の企画で取材したものだよ!
ボノ株式会社が運営するサイト「まち応援」のスポンサードのもと、2017年12月16日~翌1月16日の1ヶ月間、東京の離島を渡り歩いた。

◎企画概要:「東京の離島1ヶ月渡り歩きます会社」やるぜ!会社ごと移動しまくる!






そして、次の島へ……