・161002_yakisoba_ando-13

栃木県宇都宮といえば餃子の町というイメージだろうけど、じつは、かなり焼きそばも食べられている。
狭いエリアに焼きそば専門店がいくつも立ち並んでいる。
そのうちの1つ、「焼きそば安藤」はメニューが焼きそば一択。具もキャベツだけと超ストロングスタイルなのだ。
 

・161002_yakisoba_ando-1
▲人通りもまばらで寂しい雰囲気のオリオン通り

東武線の宇都宮駅を降りて、ちょっと歩いたところにある商店街がオリオン通りだ。ちょうど休日の夕飯時だったのだが、人通りもまばらでちょっと寂しい雰囲気がただよっていた。
栃木県宇都宮のソウルフードといえば餃子が有名だが、じつは、焼きそばもかなり食べられている。オリオン通りとその近辺だけで3店舗も焼きそば専門店があるほどだ。



・161002_yakisoba_ando-13
▲焼きそば専門店「安藤」

・161002_yakisoba_ando-14
▲圧倒的な屋根の低さが特徴的だ

なかでも特徴的で、いいビジュアルをしてるのが、焼きそば専門店「安藤」だ。ご覧のとおり、圧倒的に屋根が低くて、かわいいお店。やきそば専門店として50年以上営業しているそうだ。
のれんには店名が書かれていないので、地元民は「マック裏の焼きそば屋」と呼んでいたそうだ。(そのマックは、もう無い)




●メニューは焼きそば1択!

BlogPaint

テーブルは4つほど。テイクアウトもふくめて、ひっきりなしにお客さんがやってくる。丸椅子にちょこんと腰かけるなり、店員のおばちゃんが「どれにする?」と問いかけてきた。



・161002_yakisoba_ando-12
▲メニューは焼きそば一択!選べるのは大、並、少のサイズのみ

初来店でも悩むことはない。なにせメニューは焼きそば一択。大、並、少の3サイズからボリュームを選ぶだけだ。大は「空腹男」にちょうどよく、少は「幼児」にぴったりだ。値段も少なら200円と半端じゃない安さ。
並を注文した。



・161002_yakisoba_ando-11
▲卓上におかれた説明書き

卓上におかれた初心者向けの説明によれば
・具はキャベツのみ
・料金は前払い
・味見をして、薄ければ追いソースをかけて
とのこと。

メニューが焼きそば1択なうえに、具がキャベツだけという超硬派スタイル。
しかも、不要ならばキャベツを抜いて麺だけにできるというのだから、ストイックにもほどがある。





●具はキャベツのみ!

・161002_yakisoba_ando-4
▲焼きそば並 250円

・161002_yakisoba_ando-7

注文をうけてから、鉄板で焼いてくれる。待つことしばし、完成した焼きそばは紅ショウガも青のりもふられていないシンプル極まりない一皿。
ゴワゴワとした強い食感の太麺で、非常に私好みだ。キャベツと麺をもりもり食べる。



・161002_yakisoba_ando-10

必要に応じて、卓上にあるコショウ、七味、ソースをかけよう。



・161002_yakisoba_ando-8

そのままでも充分味つけがされているが、さらに追いソースをしてみた。
香ばしい匂いに食欲があおられ、ペロリといってしまった。これなら大でもよかったな。
宇都宮にいったなら餃子とハシゴして、焼きそばも食べてみて!雰囲気ふくめてすごい良いよ。









「焼きそば安藤」の情報
オススメ度:★★★☆☆
アクセス:東部宇都宮駅から徒歩3分
住所:栃木県宇都宮市江野町8-12
電話番号:
営業時間:12:00ころ~20:30ころ
定休日:水
予算:並250円
関連サイト:食べログ